基礎が違います
地盤調査を行い、地盤力に合った仕様とし、地盤保障は10年、最高500万円が付きます。シロアリ対策には、土台に防蟻性のあるヒバ材を使います。


木材にこだわります
柱は国産の杉、檜の乾燥材を使用、構造材も含め、4寸角(12センチ)が標準仕様となります。


仕上がりが違います
玄関に立つと、木が香る気持ちのよい家です。段差のないバリアフリーはもちろん、無垢材を基調とし、年月が経つと深みのある色合いになってきます。健康に有害な化学系建材は極力使用しません。


建具が違います
断熱・機密性の高いサッシ、ペアガラスを採用。無垢の室内建具を使用します。


設計が違います
設計士とお客様が一体となって、使い勝手や敷地にあった、間取りを考えた注文住宅です。


経済性を考える
高断熱、高気密にすることにより、冷・暖房のランニングコストが低く押さえられ、計画換気により、家の中の空気が循環するため、新鮮です。外部の騒音、室内の音もれなどの防音性能も違います。


オリジナル仕様
当社では棚、建具、家具、システムキッチン等もご注文でおつくりいたしております。
お部屋の雰囲気と間取りにぴったり合わせておつくりしますので空間がすっきりします。

製品の特徴
●木・塗料・ガラスの天然素材使用でシックハウス症候群を排除しています。
●制作は伝統木工技能による一点一点の手作り方式です。
●天然無垢材の質感に欧米文化の手作りステンドグラスをはめ込んだニューデザインを標準化しました。
●使用する木材は、杉・桧・タモ・楢・栗にこだわって製品のバリエーションを豊富にしました。
●独自の“新生産システム”の確率で価格・納期を大幅に改善しました。


木の家がなぜ素晴らしいのか[最近の新築住宅事情]
家族の健康、安全性からも木の住まいをお勧めします。

●ビニールクロスや新建材での仕上げが多く、目・のどに異常を感じる
 (有害物質建材の多用が原因…シックハウス症候群)

●階段、通路、出入り口が狭く、不便で危険さえ感じる
 (歓談勾配やスペースが狭い)

●新居に引っ越したら生活物資が納まらず、とりあえず押入などに詰め込んだ
 (収納装置の計画不足)

●冬は特に結露が多く室内が湿っぽくなり、カビ・ダニが発生する
 (結露防止の断熱効果が低い)

●冬季は特に部屋別の温度差が大きく、夜中のトイレなどは年寄りにつらい
 (断熱効果と暖房装置の不備)

●建物の寿命が25〜30年位では、永久に住宅ローンが続く
 (耐用年数は少なくとも50年以上必要)

●新築後、数年で外壁などのリフォームが発生した。新築時に安くても、
 (将来コストを見た価格のあり方、過度な価格競争の弊害)


天然木材(無垢材)で木の豊かな恵みを
▼樹は炭素の宝庫であり、木造建築は森林環境を再現
樹は伐採され木になっても炭素が貯蔵され続けるため、木造建築物が立ち並べば、森林環境に近づきます。

▼木の水分は、お部屋の空気浄化と湿度を調整
木材は、一定の水分を持って生きています。室内の湿度が高くなれば湿度を吸い、低くなると湿度を放出して調湿してくれます。さらに空気を清浄にしてくれます。

▼木は火に強い
木材は水分を含んでいますので、火がつくまで時間がかかります。木が燃えて炭化するのは、空気をたくさん含んでいるので熱を伝えにくく、表面が炭状になるからです

▼木は断熱効果と保湿性が強い
木材は、鉄やコンクリートに比べ、空気の隙間がたくさんあるので熱伝導率がかなり低くなり、熱を通しにくいので、断熱性と保湿性が高くなります。

▼木は耐久性がある
木が腐る原因は腐朽菌にあります。腐朽菌がつかないようにするためにも、濡れたらすぐに拭き取り、浴室のような湿気の高い部屋は換気を十分にすることが必要です。つまり、家の中は常に木が呼吸できるように通気や調湿が働く環境を整えておくことが大切です。




かわら版(新着NEWS)石坂工務店の家(業務案内)会社案内お問い合わせHOME
有限会社石坂工務店/石坂一級建築士事務所
■所在地:〒300-0061 茨城県土浦市並木2-3-7
■TEL:029-823-8209   ■FAX:029-821-3589   ■メール:ishizaka@jasmine.ocn.ne.jp


(C)2005.ishizaka-koumuten.co.Ltd.